SCHOOL RECORD

水泳部は正式な部史を持っておりません。現在刊行をめざし努力しています。
これは「略史」であり、資料・記録の不備は徐々に訂正・拡大していく予定です。

 

LINK 伝説の超人スイマー 鶴田義行 回顧展

 

◇創部 ──未だ確定に至らず諸説を検討中。

①明治44年 

 

近代泳法がわが国に導入され本校の水泳愛好学生が競技に参加した。

   

②大正6年

 

神田にYMCA国内プールができ、本校の学生らが「団体」として合同練習を行った。

   

③大正8年

 

「水泳部員」が「地方大会」に出場した。

   

④大正10年

 

第1回全国各大学対抗競技大会(後のインカレ)が開催され、当時別々に練習していたいくつかのグループがまとまり、水泳部として出場。この年正式に学友会に加入。

 

◇初期の黄金時代

第1回全国各大学対抗競技大会で鈴木伝明・和久山修二などの活躍で圧勝。明治大学水泳部はインカレ第1回大会の優勝校の栄誉を担っている。

第1回大会以降も優勝を争い、昭和4年第8回大会では、武村清・村松正一らの力泳で、早稲田大学の7連覇を阻み2度目の優勝を遂げた。

翌昭和5年の米国学生代表のエール大学との対抗戦にも勝利し、同校キュパス監督とのその後の親交が日米対抗水泳の開催に道を開いた。

 

◇オリンピック日本代表

大正13年 パリ大会

 

小野田一雄(800mフリーリレー第4位)

昭和3年 アムステルダム大会

 

鶴田義行(200m平泳優勝・日本水泳界初めての金メダル・陸上の織田幹雄に続くオリンピック金メダル第2号)佐田徳平(800mフリーリレー第2位)馬渡勇喜

昭和7年ロサンゼルス大会

 

鶴田義行(200m平泳2連覇・オリンピック水泳史上初の快挙)大横田勉(400m自由形第3位)河津憲太郎(100m背泳第3位)以上の他、石原田悳、片山兼吉、武村寅男・清兄弟、鈴木正雄の計8名が参加。

昭和11年ベルリン大会

 

石原田(1500m自由形4位)伊藤三郎(200m平泳ぎ5位)

昭和27年ヘルシンキ大会

 

西拡

昭和31年メルボルン大会

 

野田芳郎

昭和39年東京大会

 

大隅潔(いさぎ)・山影武士

昭和55年モスクワ大会

 

設楽義信(日本チーム不参加により幻のオリンピック代表)

平成4年バルセロナ大会

 

空岡京太

平成12年シドニー大会

 

田中久喜

 

◇アジア大会でのメダル獲得

昭和29年第2回大会

 

庄司嘉宏(400m自由形第1位)吉村健三(800mフリーリレー第1位)

昭和57年第9回大会

 

高橋英利(100m背泳第2位・200m背泳第1位)高橋は第4回世界水泳の選考会において日本新記録をたてつづけに樹立。

平成2年第11回大会

 

空岡京太(100m背泳第3位・200m背泳第2位)

平成10年第13回大会

 

田中久喜

平成18年第15回大会

 

佐野秀匡(200m個人メドレー第1位・400m個人メドレー第1位)伊藤真(50m自由形第2位・400mフリーリレー第1位 ※アジア・日本新記録)山元啓照(400mフリーリレー第1位 ※アジア・日本新記録)

 

◇第2期黄金時代へ(水泳部の現在)

団体では暫く低迷を続け、その間不祥事もあり水泳部は関係者の必死の労苦にも拘らず
苦しい状況が続いた。平成16年、ともに活動してきた水球グループが小田急電鉄置石事件を
機に分離独立したが、ようやく第2期黄金時代を築き上げようとしている。

・六大学水泳対抗戦(春季)

 

平成11年以降7回優勝

・学生選手権

 

時にシード校落ちも経験しながらシード権は確保し続けたが、平成17年、50年ぶりに総合第3位、平成18年も優勝争いに絡み連続第3位、中央大学・日本大学とともに三強の一角を占める。

・現役個人選手としては、OBの米原享祐も含め、佐野秀匡・成沢祐一・伊藤真・坂田龍亮・ 渡辺一樹・山元啓照などの海外派遣日本代表選手たちを中心に、主将村杉善哉、主務月館隼人の体制の下、活動を続けている。

 

◇練習所の変遷

・創部当初は千葉一宮、琵琶湖畔、調布多摩河畔、各地のプールなどを転々とした。
・昭和初期からは玉川の50Mプールを本拠とした。このプールは大正14年頃の建設で、
 日本初の公認プール、昭和25年東急電鉄から寄贈を受け合宿所を併設。
・駿河台校舎地下の25M屋内プール(昭和5年建設、同43年閉鎖)、生田校舎50M屋外プール
 (昭和38年落成、合宿所もここに移ったが平成16年、旧合宿所を取り壊して自慢の新合宿所を
  建設)、和泉校舎25M屋内プール(平成8年新設)などの変遷がある。

◇運営担当者

 部長としては小出廉二(元学長)・岡野加穂留(元学長)・飯田和人(政治経済学部長)などが
歴任、現在は佐藤義雄が任に当たる。監督・コーチとしては鶴田義行・伊藤三郎・竹林地文雄・
足立達・林務・田中孝夫・鳥山忠良・須田邦明などが歴任、現在は監督佐野秀匡、コーチ金子洋明が任に当たる。OB会長は大野元美(元川口市長)・林務(JOC専務理事・日本水泳連盟副会長)などが歴任、現在は渡辺吉松(会長)、大隅潔(副会長)が任に当たる。

 

HISTORY

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now